ダール・ベルハッジ

先日、旧スタッフのYちゃんがチュニジアに舞い戻って来ました。

ラマダンの途中から1カ月の滞在ということですが、Yちゃんは相方とチュニジア各地に飛び回っており、なかなか捕まらず。でも先週の木曜日にようやっとアポがとれたのであります。

メディナにYちゃんと相方を呼び寄せて、新しくできたという噂のetoile de la medinaというレストランに行ってみるも、イードが終わったばかりでまだ仕事に戻っていないという。

もう一つ行きたいレストランに電話してみると、こちらもやはり、イードがうんぬんでお休み。

みんななんだかんだ、4連休を無理やりつなげて、10連休くらいにしてる。

 

結局メディナを徘徊してたどりついたのが、メディナの雰囲気よしレストランの一つ、Dar Belhadjでした。

3時にぎりぎりランチタイムさせてもらいました。

携帯のカメラブレブレ…

店内はなかなか穏やかな雰囲気です。

私の目線だとタイルがすごい多くて若干グロい印象でした。

透かし彫りはきれいに残っていたのでかなりリノベーションしたのかな?という感じ。

チーフっぽい人の接客が独特。

私たちは3人ともランチの35DTセットを頼みました。前菜セット、メイン(イカとかもある)、デザート

前菜セット
クスクス・オスベーン*内臓詰め物のクスクス
ズリガ*クリームのおやつ

味はとってもおいしかったですよ。特におやつのズリガは絶品で、3人で驚いていました。

35DTのセットでとても満足させてくれました。

 

この後私たちはテラスの気持ちいいカフェをメディナで探しましたが、ほとんど閉まっていてあえなく中心地のホテルカフェに落ち着く。イードの後は1週間休んでおくのが吉ということが学ばれた。