ラマダーンの庶民レストランのご様子

ラマダーンはお家で、家族とイフタールを楽しむもの…それが掟となっています

しかし都会チュニスには、出稼ぎの単身お兄さんからおじさんがたくさんいる…

外国人だって少なくない…

イフタールの用意は、ブリカふくむ各種前菜、メインにデザート、と、大変!!

同胞の単身友達同士で集まって作りあったりしていますが、

毎回というわけにもいかない

 

外で食べよう、といっても、

ラマダーン特別メニューをうたうホテルや中上級レストランだとなかなか、お金がかかります

庶民のお兄ちゃんはお金、ない!ので、ちゃんとそういう人向け庶民レストランがイフタールを用意します。

昨日わたしも参加しましたので、庶民レストランのイフタールのっけます

①サラダ×2

レストラン2
オンモク・ホッリーヤ(人参をガーリックと煮て潰し冷やしたサラダ)と焼きサラダ
レストラン1
素材で勝負オリーブオイルと塩だけのサラダ

②ショルバ(スープ、魚のすり身)

レストラン3
見た目はシンプルだけど、ブイヤベースのスープのようですごくおいしい!

③ブリーカ

レストラン4
中の卵は半熟か完熟選べます。都市部は半熟派が多し

④ミートソースパスタ

レストラン5
ぶれぶれ

⑤グリルチキン

レストラン6
焼き加減はグー

 

以上!これにデザートでスイカが付いてきました。500mlボトルの水がついて、しめて10DTなり!

メインは数種類から選べます。お得!!

メインと前菜少しだけのセットで5DTくらいのところもいくつか存在します。

庶民のイフタールを気軽に体験してみたいという方、お勧めですよ。