[10月13日発5日間、あいのりメンバー募集]北部ローマ遺跡から南部のサハラ砂漠まで!チュニジア周遊5日間

10月13日 – 10月17日 4泊5日間チュニジア周遊5日間、
あいのりメンバー募集中です!

催行は確定済み。
旅仲間と車とガイドをシェア(もちろんホテルは別室です)。
プチ混載チュニジアツアーに是非ご参加ください。
空席が埋まり次第、募集を締め切ります。

いにしえのローマ遺跡から、神聖なイスラムの聖地、大自然のサハラ砂漠に、憧れの地中海。チュニジアを巡る5日間の旅へ!

古代ローマ文明がチュニジアに残した壮大な世界遺産ドゥッガ遺跡や、見事に残るエルジェムの円形闘技場はローマ時代の技術の高さに驚愕!遺跡の中を探検を楽しもう。

北アフリカ地区のイスラム布教の拠点となったケロアンは、世界遺産都市でありイスラムの聖地。他の街とは違う、エキゾチックなイスラムを体験。

チュニジア南部に広がる乾燥の大地の大自然、アルジェリアから流れる豊富な水によって形成されたタメルザ周辺の山岳オアシスの絶景に目を見張ること間違いなし!
憧れの砂の大地、大サハラ砂漠でグランピング。
サハラ砂漠のオアシス、クサールギレンで冷暖房シャワートイレ付のテントで安心宿泊、砂漠の夜に酔いしれよう。

地中海リゾート地としても有名なチュニジア、地中海に映えるチュニジアンブルーの絶景を楽しもう。

目一杯贅沢に、5日間に詰め込んだチュニジア贅沢ツアーにご招待。

フォトギャラリー

行程表

日程出発地訪問地到着地/宿泊地
10月13日チュニス発カルタゴ遺跡
 →ビュルサの丘のカルタゴ博物館
 →アントニヌスの共同浴場
 →古代カルタゴの港
 →トフェ
テストゥール
ドゥッガ遺跡
ケロアン
La Kasbah 5* 泊
10月14日ケロアンケロアン
 →グランドモスク
 →シディ・サハブ霊廟
 →アグラブ朝時代の貯水池
タメルザ周辺の山岳オアシス
 →ミデスのバルコニーオアシス
 →タメルザのグランド・カスカド
 →シェビカ
トズール
Ksar Rouge 4* 泊
10月15日トズールトズール
 →ウルド・エル・ハデフ地区
オング・エル・ジュメル
ショット・エル・ジェリド
ドゥーズ
クサール・ギレン
クサール・ギレン
Ksar Ghilane 泊
10月16日クサール・ギレンクサール・ハダダ
シェニニ
メドニンのクサール「ゴルファ」
マトマタ
 →ベルベル人の穴居式住居
マトマタ
Diar El Barbar 4* 泊
10月17日マトマタエルジェム
 →エルジェムの円形闘技場
 →エルジェム考古学博物館
スース
 →スースの旧市街メディナ
 →リバト
 →お土産物ショッピングセンター
シディ・ブ・サイド
Dar Said 4* 泊

Day1-10月13日 朝食x昼食○夕食○ / La Kasbah 5*泊

チュニス発 – ケロアン泊
訪問地 カルタゴ/テストゥール/ドゥッガ

朝、ホテルまでガイドとドライバーがお出迎え
(チュニス市内、ガマルタ、ラ・マルサ、シディ・ブ・サイド、カルタゴのホテルからの出発が可能です)
チュニスを出発、カルタゴ遺跡へ

[カルタゴ遺跡群 1時間30分]
かのカルタゴ時代からローマ時代、ビザンチン時代と続く、2600年もの悠久の歴史を持つ世界遺産カルタゴ遺跡群を訪問します。
古代カルタゴ時代、ローマ時代と共にこの地の中心地として使われたビュルサの丘、その上に建つカルタゴ博物館を見学。
当時の遺跡とカルタゴの街と海を見渡せるポイントです。
カルタゴを代表するローマ時代の遺跡の一つ、ローマ時代の五賢帝の一人が作った、地中海を望む壮大なアントニヌスの共同浴場を訪問。
海の民族であったカルタゴ人、カルタゴの海の玄関口として利用されたカルタゴ軍港、商業港跡を散策。
カルタゴの聖地であり、カルタゴの主神であった火の神バール・ハモンを祭っていたと言われる聖地トフェを見学。

カルタゴ遺跡を出発、テストゥールへ

[テストゥール 30分]
アンダルシアの影響を強く受け、イチジク、ザクロでも有名な小さな村テストゥールを訪問します。
アンダルシアへの帰郷を願い作られた逆さに時を刻む時計がある、テストゥールのモスク(外観のみ)を見学。
地元の人で賑わうテストゥールのスーク(市場)もお楽しみください。

テストゥールを出発、テブルスークへ

テブルスークに到着後、テブルスークのローカルレストランにて昼食
テブルスークを出発、ドゥッガ遺跡へ

[ドゥッガ 1時間15分]
チュニジアで規模と保存状態が最も良いローマ・ビザンチン複合遺跡、世界遺産ドゥッガ遺跡を訪問します。
広大な街の跡、ローマ劇場、キャピトル、神殿、浴場、邸宅・・・この規模で残っているのは世界でも珍しく、チュニジアに訪問するなら必ず訪れたい場所の一つです。

ドゥッガ遺跡を出発、ケロアンへ

ケロアンに到着後、ケロアンのホテルまで送迎
夕食、宿泊はケロアンのホテル La Kasbah 5* にて

Day2-10月14日 朝食○昼食○夕食○ / Ksar Rouge 4*泊

ケロアン発 – トズール泊
訪問地 ケロアン/タメルザの山岳オアシス

朝、ホテルまでガイドとドライバーがお出迎え

[ケロアン 2時間]
イスラムの聖地であり、世界遺産都市であるケロアンを観光します。
7世紀頃、アラブ遠征時、イスラム化の拠点として作られた、北アフリカマグレブ最古のモスクであるケロアンのグランドモスクを訪問。
預言者モハンマドの同志が眠る、北アフリカ地区で最も美しいと言われるシディ・サハブ霊廟を見学。
中世時代に最高技術をもって作られ、ケロアンの街を支えたアグラブ朝時代の貯水池を訪問。
独特の神聖な雰囲気が漂ようケロアン旧市街メディナを散策。
アラブ、イスラムの神秘的な雰囲気を持つケロアンをお楽しみください。

ケロアンを出発、ガフサへ

ガフサに到着後、ガフサのローカルレストランにて昼食
ガフサを出発、タメルザ周辺の山岳オアシスへ

[タメルザ周辺の山岳オアシス 1時間30分]
山岳地域に広がるキャニオンとオアシスの大自然、タメルザ周辺の山岳オアシスを訪問します。
大自然、絶景の一大パノラマが広がる山岳オアシスシェビカのハイキングコースを散策。。
切り立った渓谷にへばりつくようにあるミデスのバルコニーオアシスを見学。イングリッシュペイシェント等、数々の映画にも登場したことがあるそうです。

タメルザ周辺の山岳オアシスを出発、トズールへ

トズールに到着、トズールのホテルまで送迎
夕食、宿泊はトズールのホテル Ksar Rouge 4* にて

Day3-10月15日 朝食○昼食○夕食○ / Yadis Ksar Ghilane 泊

トズール発 – クサール・ギレン泊
訪問地 トズール/オング・エル・ジュメル/ショット・エル・ジェリド/ドゥーズ

朝、ホテルまでガイドとドライバーがお出迎え

[トズール 30分]
チュニジア南西部最大の都市、オアシスの街として栄えているトズールを訪問します。
この地方特有、日干し煉瓦の幾何学模様で飾られたトズールの旧市街であるウルド・エル・ハデフ地区を散策

トズールを出発、オング・エル・ジュメルへ

[オング・エル・ジュメル 1時間]
トズールの隣町ネフタの近郊の砂漠にある、車輛だからこそ行くことができる必見ポイントオング・エル・ジュメルを訪問します。
スターウォーズ、砂漠の星タトウィン星の街の撮影の為に作られたロケセットが残るモス・エスパを見学。
絶景ポイントの一つ、ラクダの頭のような奇妙な形をしたラクダ岩を訪問。岩山の上からの辺り一面パノラマは必見の価値あり。

北アフリカ最大の面積を誇る塩湖ショット・エル・ジェリドのど真ん中で小休憩

ドゥーズに到着後、ドゥーズのローカルレストランにて昼食

[ドゥーズ 30分間]
砂漠の玄関口、砂漠の民ベドウィンの中継地として栄えたドゥーズを訪問します。
ドゥーズの街の中心、この地方の伝統工芸品などの様々な物が集まるドゥーズのスーク(市場)を散策。

ドゥーズを出発、クサール・ギレンへ

[クサール・ギレン 2時間]
サハラ砂漠の中、地中から湧き出た温泉を利用しできたオアシスクサール・ギレンを訪問します。
サハラ砂漠のオアシスのキャンプ地、温泉によって育まれるオアシスの大自然を探検。日常とはかけ離れた砂漠とオアシスの世界へ。
オプションでサハラアクティビティ
サハラ砂漠の中をラクダに揺られ巡るキャメルライディング、砂漠の中を四輪バギー「クアッド」で疾走!

ksar ghilane

クサール・ギレンのホテルまで送迎
夕食、宿泊は冷暖房完備、シャワートイレ付きテント型ホテル Yadis Ksar Ghilane にて

Day4-10月16日 朝食○昼食○夕食○ / Diar El Barbar 4*泊

クサール・ギレン発 – マトマタ着
訪問地 クサール・ハダダ/シェニニ/メドニン/マトマタ

朝、ガイドとドライバーがホテルまでお出迎え
クサール・ギレンを出発、クサール・ハダダへ

[クサール・ハダダ 30分]
綺麗に改修され、土色と白色に飾られた化粧クサールと、昔ながらのクサールを楽しめるクサール・ハダダを訪問します。
クサールとは、この地方に昔から残る小部屋の倉庫が積み重なったような特徴的な倉庫群の事。
クサール・ハダダはスターウォーズのロケ地として使われたことでも有名です。

クサール・ハダダを出発、シェニニへ

[シェニニ 1時間]
山肌に作られた旧式のクサール群、広大なパノラマの絶景が広がるベルベル人の村シェニニを散策します。
11世紀頃のアラブ軍の侵攻の際、平地を追われたベルベル人が山肌に築いた住居兼倉庫が今のシェニニとなりました。
山肌に作られた土色のクサールと白いモスク、広がる荒野と透き通る青空。絶景の散歩コースをお楽しみください。

シェニニのローカルレストランにて昼食
シェニニを出発、メドニンへ

[メドニン 30分]
メドニンの街中に残る見事なクサール群メドニンのクサール「ゴルファ」を見学します。
クサールとは、この地方に昔から残る小部屋の倉庫が積み重なったような倉庫群の事。取り囲むように作ることにより、倉庫兼、砦としても使われていました。
このメドニンのクサールはスターウォーズのロケ地として使われたことでも有名です。

メドニンを出発、マトマタへ

[マトマタ 30分]
小高い山の連なる荒野特有の雰囲気のあるベルベルの村マトマタを観光します。
12世紀頃、アラブ民族に追われたベルベル人が隠れ住むために作った、ベルベル人の穴居式住居を見学。当時から続くベルベル人の生活をご体験ください。

マトマタのホテルまで送迎
夕食、宿泊はマトマタのホテル Diar El Barbar 4* にて

Day5-10月17日 朝食○昼食○夕食○ / Dar said 4*泊

マトマタ発 – シディ・ブ・サイド泊
訪問地 エル・ジェム/スース

朝、ホテルまでガイドとドライバーがお出迎え

マトマタを出発、エル・ジェムへ

[エルジェム 2時間]
本家ローマにある円形闘技場よりも保存状態が良いと言われる世界遺産エルジェムの円形闘技場を見学します。
他では立ち入ることのできない、剣闘士や猛獣の控室となった円形闘技場の地下を見学したり、円形闘技場の上部に昇ったりする事ができます。
上層から見下ろす街と円形闘技場は絶景ポイント!お見逃しなく!
エルジェム地域から出土したモザイクが展示されるエルジェムの考古学博物館にも立ち寄ります

エル・ジェムのローカルレストランにて昼食
エルジェムを出発、スースへ

[スース 1時間30分]
チュニジアのサヘル地方の真珠とも呼ばれ、地中海リゾート地としてその名が知られるスースを訪問します。
スースの旧市街の城壁にそって作られた城塞カスバを改築して作られたスースの考古学博物館を見学。
港町独特のアラブの雰囲気がある世界遺産スースの旧市街メディナを散策。
この旧市街メディナでも最古の建築物であり、当時前線基地として建てられたリバトを訪問。
塔の上から見下ろすスースの街の絶景をお楽しみください!
リゾート地だからこそできる、種類が豊富、かつ定価で安心の、お土産物ショッピングセンターにも立ち寄ります。

スースを出発、チュニスへ

チュニスに到着後、シディ・ブ・サイドのホテルまで送迎、
夕食、宿泊はハマメットのホテル Dar Said 4* にて

ツアー終了

ホテル

10月13日ケロアンラ・カスバスタンダード5星朝・夕食付
10月14日トズールクサール・ルージュスタンダード4星朝・夕食付
10月15日クサール・ギレンヤディス・クサール・ギレンテント4星級朝・夕食付
10月16日マトマタディアール・エル・バルバルスタンダード4星朝・夕食付
10月17日シディ・ブ・サイドダール・サイドシー・ビュー4星朝・夕食付
※上記掲載ホテルが手配不可の場合、同等レベルのホテルに変更になります。

旅行条件

チュニス出発 / シディ・ブ・サイド到着2019年10月13日 5泊5日間
あいのりツアー(混載型ツアーです)
あいのりメンバー募集、1名様から
ドライバー付き専用車、日本語ガイド付き
朝食5回、昼食5回、夕食5回、ホテル5泊
当ツアーは少人数型混載旅行(あいのりツアー)となります。
車とガイドをシェア、同行程を他の旅行客と一緒に巡ります。

ご旅行料金

あいのり特別割引価格 / ドライバー付き専用車、日本語ガイド付き
1名様のご参加、1名様1室利用の場合
1名様当り1525 Euro ~
2名様のご参加、2名様1室利用の場合
1名様当り1050 Euro ~
★料金に含まれるもの★
・日程中の専用車、ドライバー代
・日程中の日本語ガイド代
・日程中の遺跡、博物館等の入場料
・日程中の宿泊代 (5泊)
・日程中の食事代(朝食5回、昼食5回、夕食5回)
★料金に含まれないもの★
・日程中の食事時のお飲み物代
・日程中の水、お土産などの個人的費用
・日程中のオプションアクティビティ費用
・日程中のガイド、ドライバーへのチップ代

その他、注意点
・当ツアーは他の旅行客とガイド、車をシェアし同行程を巡る少人数型混載旅行(あいのりツアー)プランです。
・このツアーを元にお客様ご自身にあった、旅行日程にアレンジすることも可能です。
・ツアーのご予約、ご連絡、ご相談は下記のフォームよりお問い合わせください。
・記載のレストラン、ホテルがご予約できない場合、同レベルのレストラン・ホテルに変更になります。

お問い合せ、お申し込みはこちらから

お問い合わせはこちらから。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

送信後、自動確認メールが送信されます。