[5月7日更新]チュニジア ロックダウン 5月16日まで

チュニジア政府は5月7日付で新しい措置を発表致しました。
5月9日から5月16日までの1週間、チュニジアはロックダウンとなります。

主な措置として、次の措置が発表されています。
チュニジア到着の入国者は指定ホテルでの強制隔離 7日間
夜間外出禁止令 夜19時から朝5時まで
無許可での地域間の移動の禁止
モスクでの集団礼拝の取りやめ
集会の禁止
必要でない場合は外出せず、家で待機すること。
食品販売店を除く、曜日市の停止
予防接種を受ける人は外出、移動は可能

ラマダン月最終週であるため、普段のこの時期の夜は非常に盛り上がり、各地で小さなお祭りのようになります。
非常に密となる事が多く、またラマダン明けの休日は実家に帰る人が増え、交通機関も非常に混雑することが予想されるために、完成拡大の防止をするため、今回のロックダウンの措置を取ることになったのではないでしょうか?

チュニジアでは新規感染者や死亡者が毎日多く報告されています。
変異株の報告もあるため、反発はあるがなんとしてでも抑え込んでいきたいように感じられます。

関連ニュース記事
https://www.businessnews.com.tn/covid-19–confinement-general-du-9-au-16-mai-,519,108156,3