混ぜるか混ぜないか、スハン・トゥーンスィ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちら、通称『スハン・トゥーンスィ』です。
そのまま訳すとチュニジアの皿。
フランス語でプラ・テュニズィア~ンでもOK。

レタスや各種フレッシュな生野菜、サラタ・マシュウィヤやマッシュ人参、などをベースにして、
上から半熟卵を落としてたっぷりとツナを乗せたチュニジア人の定番のお昼ご飯です。
もちろんハリッサもついていて、これをバゲットですくって食べるのが定石です。

上からだと分かりませんが、下は結構きれいに仕上がっていて、このゾーンはマシュウィヤ
このゾーンはにんじん、というように、実は分かれています。

今日はチュニジア人スタッフRちゃんふくめ私たち3人でお昼のレストランに行きました。
3人揃って今日はスハン・トゥーンスィ。

ささっと運ばれてきたスハン・トゥーンスィを前に、おもむろに卵を割って混ぜる私たち。

ここでRちゃんが待ったをかけた。
「え、まぜるんですか」

ええ、はい、これって綺麗になってるけど、
卵の半熟の部分を混ぜたらおいしいような気がしてましたが

チュニジアはラブラビやカフテージみたいにまぜまぜ料理があるので、
当然これも混ぜていただくものだと思っていた。
だって、半熟たまごが落とされていたら、
混ぜたい、、、

Rちゃんは混ぜない派、
あー混ぜちゃうんだ、みたいな目で混ぜられるスハン・トゥーンスィを見ていた。

スハン・トゥーンスィを混ぜるか混ぜないかは、人によるらしい。
混ぜる人の方が直感に忠実な感じがする。
偏見でしょうか、そうでもないでしょうか。
カレーを混ぜないタイプの人でもこれは混ぜたくなると思う

サラダのような構成ながら卵とツナで結構なボリュームがあり、
パンも進む味なので食後はかなり満腹感があります。
今午後4時ですが結構まだ満腹
夏場以外にチュニジアに来る人はぜひ、
スハン・トゥーンスィを頼んで混ぜるか混ぜないか
悩んでみてください