M’Rabt メディナの隠れレストラン&カフェ

チュニスにありますメディナは以前紹介したとおり迷路のように入り組んでおり、何百もの店が軒を連ねております。そこには土産物屋はもちろん、住居もあればホテルもあり、銀行や服やなどの生活必需品を調達できる店もたくさん存在します。

もちろん、我々のような非メディナ人にとってはメディナはやはり特別な場所。歴史と文化を感じるこの区域にはどことなくほかとは違う空気が流れています。散策も楽しいですがやはり踏み入るべきではないメディナの奥地もあります。そんな中で今日もまた新たな発見をしました。

IMG_20160806_134511_R IMG_20160806_114839_R

Cafe Restaurant M’rabt こちら、メディナはジトゥーナ・モスクを過ぎ、さらにカスバ方面へ向かったところにあります。入り口は2箇所ありますが常に開いているのはこちら側。この入り口を抜けるとアラブ式カフェになっており、靴を脱いで座敷でお茶を飲みながらくつろぐことが出来ます。

IMG_20160806_120741_R IMG_20160806_134407_R

 

IMG_20160806_115737_R IMG_20160806_114452_R

その更に奥は中庭になっておりジトゥーナモスクのミナレットやメディナの町が一望できるようになっています。外のカフェになっていますが、夏はひなたで暑いのであまり座っている人はいません。

建物二階部分がレストランとなっています。

IMG_20160806_121423_R IMG_20160806_121006_R

レストランもおしゃれ。オスマン邸宅風の内装のなかで頂きます。

わたし達が注文したのはセットメニュー。チュニジアにはよくある、前菜、メイン、デザートのコースで28ディナール。ランチとしてはちょっと高級ですが、内容を見ると割りとリーズナブルなんです。

IMG_20160806_122910_R IMG_20160806_122914_R

こちら、前菜の前のお通しのような存在。どこのレストランにも出てきますがやはりいいレストランはいいものが出てきます。オリーブ、ハリッサ、ポテトサラダ、にんじんサラダ、グリルサラダなどを焼きたてのパンに付けていただきます。

IMG_20160806_122918_R

こちらもお通しに入ってた!小さいブリックとイワシのから揚げとつみれです。これだけで結構お腹に来てます私・・・

IMG_20160806_123324_R IMG_20160806_123319_R

やっときたアントレ!前菜です。前菜が来る前に十分な前菜を頂いた気がするのですが、こちら、1つを選べます。一つはショルバ(スープ)もう一つは牛肉の春巻き。どっちもチュニジアンでおいしいですが、お通しで既に揚げ物が出ているので連続はきついです。

IMG_20160806_125408_R IMG_20160806_125415_R

あっという間にメインディッシュが来ました。魚か鶏肉か選べます。左はカブカブ。チュニジア風煮魚です。右側は鳥のから揚げ。どちらもおいしかったです。家ではなかなかできない料理がいただけます。

IMG_20160806_131906_R IMG_20160806_131901_R

次はデザート。こちらも手作りプリンと季節のフルーツサラダと選べます。もうボリュームがすごい。日本人女性は食べきれないですので潔くお残しさせていただきましょう。

IMG_20160806_132355_R

ミントティーがでて来ることでコース終了のサイン!紅茶も渋すぎずおいしかった。

チュニジア料理をおしゃれ&リーズナブル&おいしく味わえるところはそうそうありません。メディナでちょっとおしゃれなランチをして見ませんか??