リ・ジェルビアン -Riz Djerbien-

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チュニジアはパスタ・パン文化圏のため

お米料理があまり豊富ではありません。

お米といったらほとんどの場合、リ・ジェルビアン(ジェルバ島の米)という料理しかないかもしれない。

(お米プリンはあります)

 

 

チュニスのレストランはランチビュッフェスタイルがそこかしこにあるのですが、

リ・ジェルビアンはよくビュッフェの主食に出てくるイメージです。

混ぜたカレーにちょっと似た味でしょうか。悪くないですよ。

作り方がわからないのでサイトから拾ってきました。

アラビア語レシピ

そのまま日本語にして書いちゃいます

材料:

米300g
羊肉250g
人参2本
ほうれんそう200g
小たまねぎ1
にんにく2カケ
パプリカ小さじ1
コリアンダー小さじ1
トマトペースト大さじ2
オリーブオイル大さじ2

作り方:

1、大きい器に米、中くらいにきった羊肉を入れる。

2、みじん切りにしたたまねぎとにんにくを入れる

3、角切りにした人参と茹でておいたほうれん草を入れる

4、トマトペースト、スパイス、オリーブオイルをかける

5、よく混ぜる

6、蒸し器(ケスケス)に入れ、約1時間肉と米がしっかり調理されるまで蒸す

完成!!

簡単!!

多分チキンでも大丈夫です。